yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです

Entries

特別展「きものモダニズム」@泉屋博古分館

実は私は和服が好きで、普段着なら一応自分で着られます。
そんな私の興味を引く展覧会を見つけたので、みなさんにもご紹介したいと思います。

泉屋博古館分館(港区・六本木)
特別展「きものモダニズム」



■会 期:9月26日(土)~12月6日(日)
    《前期》9月26日(土)~11月1日(日)
    《後期》11月3日(火・祝)~12月6日(日)
■開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
■休館日:月曜日(ただし、10月12日・11月23日は開館、10月13日・11月24日休館)
■入館料:一般800円(640円)/高大生500円(400円)
     中学生以下・障害者手帳ご呈示の方は無料
     *きもの割:きものでご来館の方100円割引
     *20名様以上の団体の方は( )内の割引料金
■展覧会案内電話:03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
■ホームページ:http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
■主 催:公益財団法人泉屋博古館、岡信孝コレクション須坂クラシック美術館、
     毎日新聞社
■特別協力:独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所、(株)三越伊勢丹

開催概要をHPから引用させていただきます。

社会に豊かさと自由をもたらした大正から昭和にかけて、新しい生地、新しい意匠が
登場し、銘仙(めいせん)と呼ばれる華やかな絣(かすり)のきものが大輪の花を咲
かせます。
アール・ヌーヴォーからアール・デコへと美意識がうつりゆく中で、華やかで色彩あ
ふれるモダンなきものが女性たちを美しく飾りました。バラやチューリップなどの洋
花や、アメリカンモダニズムのデザインを斬新にとりいれた銘仙は時代の象徴となり
ました。
長野県・岡信孝コレクション須坂クラシック美術館の開館20周年を記念して、所蔵の
銘仙100選を、東京・六本木の地で一堂にご紹介する初めての機会となります。
銘仙美人が描かれたポスターの原画、製作工程の映像と共に、大胆なデザインとあで
やかな色が美しい「きものモダニズム」の世界をお楽しみ頂ける展覧会です。


だそうです。

これを読むだけでとっても行きたくなります。
お着物を着て行くと割引もあるなんて、なおさら良いですね♪

銘仙は柄が大きく、華やかさのある普段着というイメージです。
私が身につけられる年代ではないので、実際に身にまとったことも、手に取ったことも実はありません。
展覧会で実際に沢山の銘仙を見られるのを楽しみにしています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

ペットロスに耐えられず、また新しい仔をお迎えしました。

料理レシピはどんどんお使いください。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告