yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです

Entries

 『ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展』が開催されます

また一つ素敵な展覧会が開催されるのでここで紹介いたします。

■□■ 『ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展』 ■□■

開館期間:2015年10月29日(木)~12月20日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日:11月4日(水)、11月11日(水)
入館料一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円
      小学生以下:無料  
      20名以上の団体:各100円割引
      障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能
主催:パナソニック 汐留ミュージアム、日本テレビ放送網、読売新聞社
公式サイト:http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/151029/index.html

開催概要です。

ポン=タヴァンとは、フランスの北西に位置するブルターニュ半島の小さな村の地名です。
1886年、パリを離れたゴーギャンは初めてこの小村に滞在し、壮大な自然と明るい光、
そして現地の人々に連綿と受け継がれる古い伝統文化に魅せられ、以降、何度も作品制作のために赴きました。
この地でゴーギャンはエミール・ベルナールらと、「印象派」を超える新しい絵画を追求し「総合主義」を見出し、さらに若き画家ポール・セリュジエへのゴーギャンの指導はモーリス・ドニを中心とした「ナビ派」の結成につながりました。

本展では、日本初公開作品を多数含む、ブルターニュ地方のカンペール美術館とブレスト美術館、そしてデンマークのニイ・カールスべルグ・グリプトテク美術館などから出品されるゴーギャンを核としたポン=タヴァンの画家たちの作品73点を展示いたします。
また、ゴーギャン作品も6点が日本初公開となります。

ゴーギャンがポン=タヴァンに滞在したのは1~2年とほんの短期間です。
その期間に交流した画家たちの作品もまとめて鑑賞できる機会は、なかなかないと思います。
ゴーギャンと言えばタヒチでの作品が有名ですが、違った切り口からみるのも面白いと思います。

ご興味のある方はどうぞ汐留まで足を運んではいかがでしょうか。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは。
私も『ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち』展を見てきました。ゴーギャンがブルターニュのポン=タヴァンで、エミール・ベルナールらと出会い、お互いに影響を受けつつ「総合主義」という前衛的な美術を築いていく過程が理解できてよかったと思いました。

はブログで、今回の『ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち』展の展示に沿って、過去に来日した傑作も含めてゴーギャン絵画の変遷を私なりに整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただける感謝致します。

dezireさんへ 

こんにちは、コメントありがとうございました。
早速ブログを拝見いたしました。
考察が深くて、私の感想とは大違い(汗)

ゴーギャン絵画の変遷がとても分かりやすく書かれていて、
私も再度納得しました。

他の記事も興味深いものが多く、またゆっくり読ませていただきます。
  • posted by yukiko 
  • URL 
  • 2015.12/20 14:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

ペットロスに耐えられず、また新しい仔をお迎えしました。

料理レシピはどんどんお使いください。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告