yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです

Entries

特別展「きものモダニズム」@泉屋博古館

実は私はお着物が好きです。
娘の入学卒業式はすべてお着物で参加し、歌舞伎などへもたまに着ていきます。

そんな私にぴったりな展覧会が開催されているので、足を運んでみました。

六本木にある住友コレクション泉屋博古館で開催されている「きものモダニズム」です。

大正時代から昭和時代に庶民の間で流行した銘仙の展覧会です。
銘仙は独特の大きく派手な柄の普段着です。
NHKの朝ドラ「花子とアン」で花子が来ていたような明るい色がらのお着物が銘仙ですね。

おもな産地は群馬県伊勢崎、足利や秩父など関東地方で、今回の展示の産地もほとんどが伊勢崎です。

華やかでモダンな銘仙が今回100点もまとめて展示。
お着物やファッションが好きなら見逃せませんね。

私は自分の普段に着る小紋をリサイクルで買うことも多いんですが、たまに銘仙も見かけることがあります。
さすがに大正時代のものではないと思いますけれど。
この年では着られませんが、洋服にはない、大胆が柄と色が素敵ですよね。

今回の展示でも、大きな矢絣や、松の模様や、チューリップなどとても大胆なものが多く、目の保養になりました。
何枚かその展示の着こなしを描いた美人画がお着物の隣に展示されていましたが、柄の着物に、また柄の帯を合わせているんですよね。
その組み合わせで、センスを競っていたんでしょうね。

戦争が始まる前の自由な時代に、のびのびとお洒落を楽しむ女性たちの姿が目に浮かびました。
実際に帯あわせをして展示してあったら、より楽しめた気もします。
お着物好きな方は必見ですよ。

まだ半月ありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。


特別展「きもの モダニズム」

会場 住友コレクション 泉屋博古館分館
〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
会期 2015年 9月26日(土) ~12月6日(日)
《前期》9月26日(土)~11月1日(日) 《後期》11月3日(火・祝)~12月6日(日)
開館時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、10月12日・11月23日は開館、10月13日・11月24日休館)
入館料 一般 800円(640円) / 学生500円(400円) / 中学生以下無料

*お得な入館料についてお知らせ
①きもの割:きものでご来館の方100円割引(他の割引との併用不可) 
②20名様以上の団体の方は(  )内の割引料金
③当館受付にて入館チケットをお買い求めのお客様は、2回目ご来館時入館料半額(「きものモダニズム」期間中に限ります。チケット半券を受付にてご提示ください)

交通
東京メトロ

南北線 六本木一丁目駅下車 徒歩5分
日比谷線 神谷町駅下車 徒歩10分
銀座線 溜池山王駅下車 徒歩10分

お問合先
泉屋博古館分館 SEN-OKU HAKUKO KAN, TOKYO
〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)

公式HPはこちら

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

ペットロスに耐えられず、また新しい仔をお迎えしました。

料理レシピはどんどんお使いください。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告