yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです

Entries

「フランスの風景 樹をめぐる物語  コローからモネ、ピサロ、マティスまで」@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館    

私の好みの展覧会が開催されますので、皆様にも紹介させていただきます。

■□■     フランスの風景 樹をめぐる物語      ■□■
□■□   -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-   □■□

会 期  2016年4月16日(土)~6月26日(日)
休館日  月曜日
会 場  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    (新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
     http://www.sjnk-museum.org/
開館時間 午前10時-午後6時、金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料  一般:1200円(1000円)、大・高校生:800円(650円)
     シルバー<65歳以上>:1000円 、中学生以下:無料、障害者:無料
     ※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示に
      よりご本人とその介護者(1名まで)は無料。
     ※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金
主 催  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、日本経済新聞社

公式サイトより引用させていただきます。

本展覧会は、「樹木」というモティーフを通して、1850年から1920年まで、
印象派とその前後の時代のフランス風景画の変遷をたどる展覧会です。

本展覧会はロマン派からバルビゾン派、印象派、新印象派、ポスト印象派、
象徴派、フォーヴまで、フランス近代風景画が展開する過程において「樹木」
というモティーフがどのような役割を果たしてきたのか、その変遷をたどります。
フランスのパリ近郊、ポントワーズにあるカミーユ・ピサロ美術館館長、
クリストフ・デュヴィヴィエ氏の監修のもと、フランスを中心に国内外の美術館、
ならびに個人所蔵作品から、油彩を中心に、素描や版画など、自然や樹木に対する
画家たちの想いが込められた作品約110点を展示します。

この美術館は面白い切り口の展覧会を開催することが多いんですが、今回もちょっと変わった切り口で面白そうですね。
風景、人物、というくくりをもう一歩深くしているんですね。

ちなみに私は「樹」というとゴッホの糸杉がぱっと思い浮かびました。
それしか浮かばないというほうが正しいかもしれません(笑)

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

ペットロスに耐えられず、また新しい仔をお迎えしました。

料理レシピはどんどんお使いください。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告