yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。宝塚や歌舞伎など観劇も好きです。愛猫みるくは2016年12月17日に19歳で亡くなりました。twitterではスケートのことをつぶやいたりしています@yoonhakkkです。

Entries

【バラ】ゼフリーヌ・ドゥルーアンの誘引作業

秋が深まってくると、バラの花も終わりです。
でもそれからが忙しい季節なんです。

翌年良い花を咲かせるために、しなければならない作業があるんです。
つるバラは誘引・剪定作業が必要です。

こんな姿ではね(笑)

バラの誘引は真冬にしましょう、と本にはありますが、この時期すでに芽が動き始めているので、芽を傷つけないためにも今頃でもいい気がします。


オベリスクに結んであるツルをすべてはずし、誘引しなおします。
翌年どんなふうに育つか考えながらなので、私には結構難しいです。
毎年やっていますが、毎回うんうん唸りながら作業しています。


この花壇は日当たりがとても悪く、今の時期は午前中の2時間ほどしか日が当たりません。
午後になると冷え込んで風邪をひきそうになるので、お休みの度、少しずつ作業することにしています。
この株はあまりシュートが伸びていなかったので、2時間ほどで終わりました。
IMG_1415.jpg
思った方向に芽が出ない場合もあるので、剪定はまだほとんどしません。
もちろん余分なシュートや古い枝はカットです。
残りの剪定は頃合いを見て。


もう1本同じバラがあり、こちらは3回に分けて誘引と軽めの剪定を終わらせています。
IMG_1416.jpg
ちょっと右側にびよ~んと飛び出たシュートが気になるんですが、右にしても左にしてもこれ以上曲げられないんですよね。
まだ新しいシュートで切るのも惜しいので、このまま。

もっとすっきりさせてもいいと思いますが、この株は、夏にテッポウムシが羽化して大きな穴が根元に空いています、ようやく新芽が秋になって出始めたばかりなので、あまり強い剪定は避けたいなと。
IMG_1413.jpg
こんな誘因でいいのかわかりませんが、一応この花壇は終了です。
一度きちんと選定の仕方を誰かに教わりたいです。

日当たりが良く、広いお庭があったらバラいっぱいにできるのになぁ、なんて思いながらの作業でした。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

ペットロスに耐えられず、また新しい仔をお迎えしました。

料理レシピはどんどんお使いください。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告