fc2ブログ

yukikoの部屋

家庭菜園でとれたお野菜を使った日々の料理がメインのブログです。他にもガーデニングや手作りお菓子など。絵画や宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです。舌下免疫療法でスギ花粉症よくなりました。IBSは一生のお付き合いと覚悟しています

Entries

2023年東北旅行記 vol2 高館義経堂と中尊寺

東北2日目は6:30の朝食開始時間に朝食を食べ始めました。
トイレに支配されている私は、朝食後出掛けるまでに時間がかかるのです。
トイレにこもっている間に、夫が仙台駅まで新幹線の切符を買いに行きました。
最悪新幹線ならば、車内にトイレもあるので、ちょっと気は楽です。
朝8時の新幹線やまびこで一関まで行き、そこからは東北本線普通列車に乗り換え平泉まで。電車の本数があまりないので、待ち時間がどうしても多くなりますね。

9:03に平泉駅到着

まずはを出てすぐ右にあるレンタサイクル屋さんへ向かい、自転車を借ります。8:30から営業中です。
平泉は中尊寺毛越寺、義経が妻子とともに自害したと伝えられている高館義経堂など見所がありますが、場所がそれぞれ離れています。天気なら自転車で、雨ならタクシーで回ろうと予定していました。
ちょっと怪しい雲行きですが、自転車決行です。

料金は自転車 4時間まで700円
電動 4時間まで900円
1時間増すごとに300円加算です。
勿論電動をレンタルしました。

サイクリングモデルコースの地図をいただけるので、それを参考に出発。
まずは高館義経堂(たかだちぎけいどう)へ向かいます。
途中左側に無量光院跡が見えてきます。
IMG_9120_20231031230720210.jpg
今にも雨が降り出しそうな空ですね💦
無量光院跡は、奥州藤原氏三代秀衡によって造営された寺院の遺跡です。
宇治平等院鳳凰堂を模して建立された阿弥陀堂と、その周囲を取り巻く池を中心に伽藍が構成されていました。
度重なる火災で土塁と基礎部分の石のみが残っています。

義経堂にほどなくして到着。入山料300円を支払い入山します。他に2人しかお見かけせずほぼ貸切状態。

昭和61年に造立された源義経主従供養塔
IMG_9123_20231031230721a95.jpg
藤原秀衡、義経、武蔵坊弁慶の供養のための塔です。

丘の頂上には高館義経堂
天和3年(1683)仙台4代藩主伊達綱村が義経を偲んで建てたそうです。中には義経の木像が安置されています。
IMG_9124_20231031230723645.jpg
IMG_9128.jpg
弁慶堂
天井画がいいですね。
IMG_9129_20231031230729a6c.jpg
芭蕉の句碑
「夏草や 兵共が 夢の跡」有名な句ですね。
芭蕉が高館に立ち、眼下に広がる風景を眺めて謳ったものです。
IMG_9125_20231031230724f79.jpg

次はいよいよ中尊寺へ
踏切をわたり右方向へ進むと中尊寺に着きます。無料の駐輪場へ自転車を停めてここからは徒歩です。
金色堂までは15分ほどかかります。
月見坂を登ります。
IMG_9132_20231031230733050.jpg
木漏れ日が✨
IMG_9126_202310312307269a7.jpg

IMG_9130_20231031230730809.jpg

ここにも芭蕉像
IMG_9131_20231031230732cc8.jpg

いざ金色堂へ
金色堂は撮影不可なので写真はありません。当たり前ですね💦
奥州藤原氏がとっても資産家だったという事はよく分かりました。
豪華絢爛ですね。螺鈿細工なんてどうしてあの細かな細工を割らずに作れるのかとか。

その後讃衡蔵を見学
国宝 金銅華鬘(こんどうけまん)
金色堂に掛けられていた銅製鍍金の華鬘。極楽に咲く花である宝相華と人面鳥を施し、浄土世界を描いている。

国宝 金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図(こんこうみょうさいしょうおうきょうきんじほうとうまんだらず)
紺紙に金泥で金光明最勝王経を塔の形に細字で写経。三代・秀衡の頃に筆写、奉納されたとも伝わる。

他にも仏像など中尊寺の文化財3000点あまりが展示されています。

展示を堪能し、外へ出てお土産を見ていたら、雨が降ってきました。
それも本降り。
自転車なのに~ということで雨宿り。
ここでしか買えないという「かりんとう饅頭」を購入しました。
試食もありますよ。

小降りになったところで駐輪場へ。
少し走ったところで、雨雲レーダーでまた本降りの雲がくるっぽいので、逆戻り。
昼食をとることに。
これは夫の冷麺
IMG_9133_202310312307356e0.jpg
私は温かいおそばを頂きました。

食べ終えても雨が一向に止まないのでしばらくそのまま。
満席になっていなかったので・・・
ここで無駄に30分ほど足止めを食らいました。
ところでお店の名前はなんだったかしら?
雨なので、一番手前のお店へ入ったので、店名も確認していませんでした。
メニューにはもちろんわんこそばもありました。
周囲を見ても注文している人は皆無でしたけれど。

雨も小降りになってきたので、毛越寺へ
中尊寺からは1.5キロほどです。
長くなるので分けます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

盛岡での学生時代、食堂?でアルバイトしていて、わんこそばの給仕をしたことがあります。ソバを入れる係w でも、自分で食べたことはないです…w
  • posted by きくちゃん 
  • URL 
  • 2023.11/02 02:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

きくちゃんへ 

地元の方だと名物ってわざわざ食べないかもしれませんね。
おそばをお給仕するのってタイミングが難しそうです。
  • posted by yukiko 
  • URL 
  • 2023.11/04 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

訪問者さま

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
夫と猫の千春とのんびり暮らしています。
一人娘は大学卒業後、就職を機に一人暮らしを始めました。
2021年春に横浜から千葉県へ引っ越し、専業主婦になりました。
庭の10坪ほどを家庭菜園に残りはバラ中心花壇にして日々世話をして過ごしています。

老後家計の足しにできるように、少しだけ株式投資もしています。

お気に入りのブログはリンクさせていただいています。
ダメ!という場合にはコメント欄からお願いします。

基本的に非公開コメント、身元不明の方にはお返事は致しておりません。
ご了承ください。

料理レシピはどんどんお使いください。
検索フォームに料理名を入力すると、過去の記事で見られたりもします。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR