FC2ブログ

yukikoの部屋

主婦の日常を綴っています。ガーデニングや日々のお料理、手作りお菓子など。絵画や宝塚や歌舞伎など観劇も好きですが基本的にお家大好きです。舌下免疫療法でスギ花粉症克服しました

Entries

今年の庭のバラ

今朝から横浜は台風のような暴風雨です。
普段は送迎などしない鬼母ですが、今日はお休みだし、娘は出口の見えない就職活動でさすがにダメージを食らいつつあるように見受けられたので、駅まで車を出しました。
同じようなお宅が多いのか、駅からの帰り道は渋滞していました。

玄関にあるオベリスク仕立ての10号鉢
ビアンヴニュ 香りもあります

これは13時現在倒れて玄関をふさいでおります 苦笑

塀に仕立てている「グラハム・トーマス」
これは残念ながら香りはほぼなしです。カタログでは微香とはありますけれど。
DSC_1069.jpg
DSC_0729.jpg
この状態から今のような開花状態になります。

花は長持ちですし、病気にも強いし、とても育てやすいです。
ただものすごく大きくなります。
DSC_1070.jpg

見るのは我が家とお隣(洗面所からですが)だけのゼフリーヌドゥルーアン
今年は花数が少なかったですね。
DSC_1064.jpg
香りがとてもよく、とげが全くないのでお手入れするのが楽です。
DSC_1065.jpg
ただオールドローズなので、花弁が丈夫ではないので、雨が降ると一発でダメになります。

覆輪のストロベリーアイス
香りは微香、つまりないってことですね。
DSC_1071.jpg
DSC_1060.jpg

花壇の黒蝶
DSC_1063.jpg
奥に見える白いバラは「アイスバーグ」別名「シュノービッチェン(白雪姫)」です。

昔は毎年のように新品種を買ったりしていましたが、今は定番の品種や育てやすいものだけです。
花壇や庭にアゲハがきたりするので、殺虫剤は使いません。
代わりに毎日はっぱのうらを見ては害虫をつぶすのが日課です。
きっと死後は地獄で、大きな手につぶされるんだと思われます 汗

  ↓ ぽちっとしていただけると更新の励みになります
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

*CommentList

名古屋のお土産 ☆ フグのから揚げ

内閣府が発表した1~3月年率GDPが実質2.1%増加したそうです。
「実質」というのが曲者で、実は輸入も輸出もマイナスなんですよね。
ただ輸入(出るお金)がマイナス4.6%にたいし、輸出(入るお金)はマイナス2.4%なので、「純輸出」が大きくプラスに見えるだけ。
個人消費と企業の設備投資が減少なのも、本当にGDP増加しているの?と感じる理由ですよね。

このまま10月の消費増税に突入して、日本経済は大丈夫なのかしらと思います。
ここまで準備をしてしまったので、「やっぱりや~めた」というわけにもいかないのかもしれませんけれど。

今日娘は面接で名古屋へ行ってきました。
はい、まだまだ就活終了にはほど遠く、ここまできたら夏まで、秋まででも頑張らないといけない感じです とほほ
19-5-20 (1)
私のリクエスト、赤福とういろう

赤福は名古屋のお土産ではありませんが、私が大好きですし、名古屋の新幹線ホームにも売店もあるし・・・ははっ
19-5-20 (2)
縦にして持ち帰ったので、思い切りかたよっています。
ういろうは昔は羊羹のように長い箱入りのものしかなかったのが、今は小分けサイズでいろいろな味が食べられるようになっているんですね。老舗のお菓子もこうやって時代に合わせていくことが大事なんですね。
赤福はうん十年前とちっとも変っていませんが。それはそれで大事なことですね。

今夜はフグのから揚げ
19-5-20 (3)
お味噌汁は新玉ねぎとわかめ。

フグのからあげ
19-5-20 (5)
島根県浜田市のふるさと納税の返礼品のフグ切り身でつくりました。

大根と豚バラ肉炒め
19-5-20 (6)
中華風の味付けです。

こんにゃくと牛肉の煮物
19-5-20 (7)
ゆうべつくっておきましたが、いまいち味が染みていません。

おかひじき
19-5-20 (8)
シャキシャキしておいしいですよね。

明日は横浜は大雨の予報が出ています。
通勤通学のかた、お気をつけてくださいね。
そういえば娘も朝一で面接に行くんでした 汗

  ↓  ぽちっとしていただけると更新の励みになります☆
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

業務スーパーでタピオカを買いました ☆ ステーキ


今日は無理やりまとまった時間を作って読書をしました。
日ごろ、こまごました家事に追われて、なかなか落ち着いて読書ってできないんですよね。

お昼はペペロンチーノ
19-5-19 (2)
花壇のわさわさしたイタリアンパセリの消化のためです。

今日は業務スーパーでこんなものを買いました。
「インスタントタピオカ」 275円です
19-5-19 (9)
ご自分で作った方はお分かりかと思いますが、大粒のタピオカって戻すのに、とても時間がかかりますよね。
これが沸騰したお湯で30秒で食べられるという優れものです。

太いストローやミルクティーシロップもセットになった4人前の製品もあるみたいですが、あいにく売り切れでした。

私はタピオカやわらび餅、くずもち、名古屋のういろなどもちもちぐにぐにしたものが好きなんですよね。
茹でるのが面倒でこれまでは敬遠していた大きなタピオカですが、これからは心置きなく楽しめそうです。

ブラックタピオカにはやっぱりミルクティーです。
19-5-19 (8)

夕食はワイズテーブルで選んだ優待のアンガス牛ステーキです。
19-5-19 (3)

パックは2枚で500gですが、我が家ではちょっと多すぎなので、1枚を3人で分けました。
夫は今人間ドッグに向けてダイエット中なので、1枚250gを3等分するくらいでちょうどでした。
もともと私と娘はこのくらいの分量しか食べませんし。
19-5-19 (4)
・・・かなり貧乏くさい? 笑
お肉を食べている!って感じの肉感(?)があり、好みの味でした。

サラダは春キャベツ
19-5-19 (5)
ドレッシングはマヨネーズにヨーグルト、レモン汁を加えて作りました。

ステーキソースも入っていました。
19-5-19 (7)
このソースがとてもいい香りで美味しかったです。

ごちそうさまでした。

明日は私のお給料日です。お給料日だけは会社へ行くのが憂鬱ではありません 笑
パートなので事務所のみんなや職人たちとは比べ物にならないくらい薄っぺらな封筒ですけれどね。

  ↓  ぽちっとしていただけると更新の励みになります☆
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

金目鯛の煮つけ ☆ 酢の物

バラが花真っ盛りです。
毎日小さいスーパーの袋を片手に花がら摘み&落ちた花弁のお掃除に精を出しています。
おまけに虫も多いので、しゃがみこんで葉っぱの裏をチェックしながら、虫をつぶしたりしています。
気づくと夢中になっていて、15分くらいはすぐ経ってしまいます。
いい暇つぶしになっているかもしれません。無心にもなれますしね。

今夜は和食
金目鯛の煮つけです。
19-5-18 (1)
おつゆはにらの卵とじです。

金目鯛の煮つけ
19-5-18 (2)
高知県平戸市からのふるさと納税の返礼品です。

お水、お酒、お醤油、みりんを同量ずつ(今回は1/3カップずつ)をにたて、しょうがの薄切りをいれ、お魚を順番に入れ、煮汁をかけながら4~5分煮るだけと、とても簡単です。
今回は一緒にネギを煮ました。

煮つけが濃い味付けなので、副菜はさっぱりと酢の物
19-5-18 (3)
きゅうり、わかめ、お麩、しらす干しを使っています。

ほうれん草のお浸し
19-5-18 (4)
1/2把くらいです。いつも1把お浸しにするとあまってしまうんですよね。

金目鯛はあと1尾あるので、また煮つけが食べられます。
同じ調理法で芸がないかしらとも思いますが、一番おいしいと思うのが煮つけなので、まぁいいかって感じです。

  ↓ ぽちっとしていただけると更新の励みになります
にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

「ギュスターヴ・モロー展」@パナソニック汐留美術館

先週訪れたら「本日は休館日です」の看板が出ていて、とぼとぼ帰ってきました。
心機一転リベンジしてきました♪

「ギュスターヴ・モロー展」

展覧会サイトはこちら

開館期間
2019年4月6日(土)〜6月23日(日)
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※5月10日(金)と6月7日(金)は午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
休館日
水曜日(但し5月1日、6月5日、12日、19日は開館)

ここは私たちも勘違いしたように、上野界隈の美術館と休館日がちがうのでご注意ですよ!


モローは、パナソニック美術館で常設展示されているルオーのお師匠さんです。
なのでこの美術館でモロー展が開催されるというのは、意味深いですね。

今回は4章に分けて展示がされています。

1章  モローが愛した女たち
お母さんであるポーリーヌ、恋人のアレクサンドリーヌ・デュルーを描いた作品が展示されています。

2章  「出現」とサロメ
今回の目玉サロメの有名な1場面を描いた「出現」、サロメを描いた数々の作品、油彩下絵や習作26点が展示されています。
私はクラナハの描いたとってもグロテスクな「サロメ」を見たことがありますが(たぶん)他にもいろいろな画家がこのテーマを取り上げています。

オスカーワイルドが新約聖書をもとに戯曲にし、シュトラウスによってオペラにもなっています。
あらすじです Wikipediaより引用です。

ユダヤの王エロドは、自分の兄である前王を殺し妃を奪い今の座に就いた。妃の娘である王女サロメに魅せられて、いやらしい目を彼女に向ける。その視線に堪えられなくなったサロメは、宴の席をはずれて、預言者ヨカナーン(洗礼者ヨハネ)が閉じ込められている井戸に向かう。預言者は不吉な言葉を喚き散らして、妃から嫌がられている。預言者との接触は王により禁じられているのだが、サロメは色仕掛けで見張り番であるシリアの青年に禁を破らせて、預言者を見てしまう。そして彼に恋をするのだが、預言者のほうは彼女の忌まわしい生い立ちをなじるばかりである。愛を拒まれたサロメはヨカナーンに口づけすると誓う。
エロドはサロメにしつこくダンスをしろと要求し、何でも好きなものをほうびにとらせると約束する。サロメはこれに応じて7つのヴェールの踊りを踊り、返礼としてエロドにヨカナーンの首を所望する。預言者の力を恐れて断るエロドだが、サロメは聞き入れない。あきらめたエロドはヨカナーンの首をサロメにとらせる。銀の皿にのって運ばれてきたヨカナーンの唇にサロメが口づけし、恋を語る。これを見たエロドはサロメを殺させる。

サロメは1世紀頃に古代パレスチナで生まれた女性で、「ユダヤ古代史」や新約聖書の「福音書」にその存在が書かれています。父はユダヤの王子ヘロデ・ピリッポス、母は王の孫のヘロディアです。
サロメは悪女のように言われていますが、私はお母さんのほうが悪女に思えます。

ほかの画家はヨハネの生首の切り口を写実的に描き、お盆に乗せている場面を直接的に描いていることがほとんどですがモローはサロメが指さした先に、ヨハネの首が浮かんでいるという描き方をしています。

近くで見ると線描がとても繊細に書き込まれていることが分かります。

3章 宿命の女たち
2章が聖書をテーマにし、こちらはギリシャ神話をテーマにしたものが主になっています。
ヘレナ、メッサリーナ、ヘラクレス、オルフェウスや人魚のセイレーン、レダやゼウスなど本で読んだことのある名前が出てきます。

「エウロペの誘拐」は普通ゼウスがエウロペの略奪したとされるものが、2人の関係を神聖なものとして解釈した描き方になっています。

4章  「一角獣」と純潔の乙女

未完の作品である「一角獣」の展示があります。
「妖精とグリフォン」も素敵でした。


最後に常設の「ルオー・ギャラリー」ではルオーの作品が見られます。
今回はこれまで見たことのあるルオーの特徴的な太い黒い線が目立つ作品ではなく、モローの教えからの流れが感じられる色彩使いの作品の展示でした。
たぶん、よそで普通に展示されていたら、審美眼のない私にはルオーとは分からないかと思います。

美術に明るくないので、こんな感想しか書けませんが、興味を持たれたら、ぜひサロメを描いた「「出現」を直接ご覧になってくださいね。

  ↓  ぽちっとしていただけると更新の励みになります☆レシピ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

ご案内

訪問者さま

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

yukiko

Author:yukiko
訪問ありがとうございます。
大学生の娘、夫とのんびり暮らしています。
料理や園芸が大好きです。
パートの合間に家事にいそしんでいます。
最近は株主優待とふるさと納税が好きです。

気に入ったブログは勝手にリンクさせていただいています。
ダメ!という場合にはコメント欄からお願いします。

基本的に非公開コメント、身元不明の方にはお返事は致しておりません。
ご了承ください。

料理レシピはどんどんお使いください。
検索フォームに料理名を入力すると、過去の記事で見られたりもします。

最新記事

FC2ブログランキング

フリーエリア

広告

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR